ブルーレイディスク 耐久性

ブルーレイディスクの耐久性について

ブルーレイはたくさんの情報を記録することができるので、
多くの人がこれから購入しようかと検討している機器です。

 

大容量のブルーレイディスクに記録しておくことで、
今までたくさんのDVDに記録していたものを10分の1までコンパクトに整理でき、
永久保存ができると進んでブルーレイに変えている人も数多く見られます。

 

ただ、、実際にブルーレイディスクには
永久保存ができるくらいの耐久性があるのでしょうか。

 

ブルーレイディスクやDVDのような光ディスクの寿命は
理論上では100年であると言われています。

 

しかし、これはあくまでも理論上の数値。
現実はの寿命は10年から30年であろうと考えられています。

 

ブルーレイディスクはデジタル信号で記録していることもあり、
ビデオテープなどのように接触することによる摩擦で
データが失われてしまうようなことはありません。

 

データがなくなることはありませんが、
ブルーレイディスク自体が長期にわたる保存状況に影響を受けて
劣化する可能性は、十分に考えられます。

 

ブルーレイディスクに記録して安心して放置すると、
劣化が進んで大切なデータを失う可能性も出てきます。

 

現在販売されているブルーレイディスクで粗悪品以外のものは、
ハードコーティング処理が施されているので多少の傷や指紋などで
データが無くなるような心配は少なくなっています。

 

しかし、どんなに安心だと言っても絶対はありませんから、
バックアップ用に別のブルーレイディスクに記録しておいた方が安心です。

 

ディスクは日本製のものをお勧めします。