ブルーレイディスク 登場

ブルーレイディスクが登場するまで

すべての思い出が保存できる現代では、
何もかもが記録として残せるようになりました。

 

現在、一般的に販売されている
ディスクで最も容量が大きいのはブルーレイディスクです。

 

このブルーレイディスクが登場するまでには
いくつものメディアが活躍してきました。

 

最初に登場したメディアはCDです。

 

CDがでる前は、テープに録音して保存していましたが、
データを検索するのが非常に大変でした。

 

CDにはテープと同様の音楽を入れられましたし、
聞きたい曲を一発で呼び出すことができるようになり、
非常に便利になりました。

 

また、データの保存もできて、多くの人が利用しました。

 

しかし、あっという間にCDの容量では足りなくなり、
CDよりはるかに大容量のDVDがでてきました。

 

DVDが登場した1990年代から現在まで、
記録メディアとしてはDVDがメインとなっています。

 

DVDの登場と同時期に、ソニーがより高画質で長時間、
つまりDVDより大容量の次世代ディスクの開発をスタートしました。

 

それが、ブルーレイディスクです。

 

DVDの容量が4.7GBであるのに対して、
ブルーレイディスクには2層式で最大50GBという大容量で、
かなり大きな差があります。

 

ブルーレイディスクが将来のメインになることが確実になってきた今、
今までDVDに記録してきたたくさんの写真や情報を
ブルーレイディスクに記録し直す人が少しずつ増えてきました。

 

美しい画像で保存していおたいと考えている人はたくさんいます。
ブルーレイはこれからますます発展していくことが見込まれます。